さようならUR

山形国際ドキュメンタリー映画祭2011
第1回スカパー!IDEHA賞受賞作品

構成
DVD2枚組
ディスク種類
NTSC/DVD-R
収録内容
本編(73分)
豪華特典映像
{{val}} DVD {{convertYen(priceContents[key])}}
買い物かごに追加
{{val}}

※こちらの価格には消費税が含まれています
※1回のご注文ごとに送料300円が掛かります
3,000円以上のお買い上げで送料無料!

概要
特典
制作クレジット
監督
早川由美子

ドキュメンタリー / 日本 / 2011年 / 73分

耐震問題で揺れるUR(旧住宅公団)の団地
生活基盤の住居が足元から揺らぐ…

UR(旧住宅公団)が突然取り壊しを決めた、東京都日野市の高幡台団地73号棟。URの決定に疑問を持ち、立ち退きを拒否する住民たちへの取材を皮切りに、カメラは住宅問題の専門家、国交省、ついにはURの理事長へと立ち向かう! 映画は映画は公共住宅問題にとどまらず、日本の組織体制の問題をも浮き彫りにする。山形国際ドキュメンタリー映画祭2011 第1回スカパー!IDEHA賞受賞作品。

①『さようならUR』制作秘話 ~未公開映像+完成から1年後の住民インタビュー (67分)

映画完成から約1年後、映画に登場する住民の皆さんに、再びインタビューを敢行!

撮影の裏話、監督との出会い、日常生活を記録されるということ、家庭内での意見の不一致、裁判をたたかう現在の心境などなど、率直に語ります。

また、映画には泣く泣く入れることが出来なかった、未公開の映像もふんだんに交えながら、『さようならUR』が作られていった過程を辿ります。

例えば…

「何でこんなにこの問題に肩入れしてくるの? 何でメシ食ってる人?」から始まった、畦地さんの撮影。マスメディアでもない、利害関係者でもない、自主映像のドキュメンタリー作家の取材を、住民はどのように受け止めたのでしょうか?

立ち退きの心労から心身を病む人が絶えない中、73号棟問題発生後の、中川さんの驚くべき体調の変化とは…?

追出し説得の現場を撮影するため、住民である村井さんと結託して、UR職員を誘い出すことを計画。果たして職員は来るのか? 撮影は成功するのか? …手に汗握る緊迫のやり取りを、カメラが奇跡的に捉える!

登場人物の人柄に惚れた、彼らについてもっと知りたいという人や、自分でもドキュメンタリー映画を作ってみたいという人などに、ぜひご覧いただきたい映像です。

② 直撃取材の達人に聞く! ジャーナリスト・寺澤有さんインタビュー (74分)

映画に登場するUR・小川忠男理事長(当時)の直撃取材は、フリーランスのジャーナリスト・寺澤有さんに協力していただいて実現しました。直撃取材歴20年以上の達人に、その極意をインタビュー!

寺澤有さん

インタビュー時の様子

UR理事長直撃シーンについてのコメント指導も!

インタビューでは、直撃相手の顔や住所の特定、内部情報の入手といった、直撃取材をするための基本的なことから、これまでの直撃エピソード、SLAPP(恫喝)訴訟の経験など、調査報道ジャーナリストのお仕事の一端が語られます。ジャーナリスト志望者でなくとも、必見のインタビュー!

③ 山形国際ドキュメンタリー映画祭2011 上映後のQ&A (22分)

2011年山形国際ドキュメンタリー映画祭の、日本の新作ドキュメンタリーを紹介するプログラム「ニュー・ドックス・ジャパン」にて、『さようならUR』が上映された後の質疑応答。「マイケル・ムーアよりすごい!」との声まで出たQ&A、ぜひご笑覧ください。

質疑応答の様子

写真提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭

④ ソウル国際女性映画祭2012 上映後のQ&A (19分)

2012年には、なんと海を渡った『さようならUR』。韓国・ソウルの国際女性映画祭で上映されました。上映後の質疑応答を収録。日本と韓国の住宅政策の違い、東日本大震災で73号棟は無事だったのか、韓国でも進む公共部門の民営化etc、海外ならではの質問や感想が飛び交います!(日本語字幕付き。韓国語翻訳:LEE CHOI Eunjooさん)

質疑応答の様子

写真提供:ソウル国際女性映画祭

⑤ 映画予告編 (1分39秒)

『さようならUR』映画予告編を収録しました。インターネット上で公開している予告編と同じです。


さようならUR (敬称略)

主な登場人物・団体

高幡台団地73号棟住民のみなさん
相原俊弘
安念潤司
飯田美弥子
和泉貴士
坂庭国晴
馬淵澄夫
蓮舫
UR都市再生機構

監督・撮影・編集・ナレーション

早川由美子

事業仕分け映像提供

株式会社ドワンゴ

音楽

カリンバ演奏
Sage

「舞う」
作詞・作曲・唄:hou

「あゝ 日野の母」
作詞:長澤あきら
作曲:君塚昭次
唄:岡ゆう子
出版:パインミュージック

予告編音楽

「FEAST」
バイオリン演奏 吉村淳也

ウェブサイト制作

Paul Wright

ポスター・チラシ画

井上ヤスミチ

ポスター・チラシレイアウト

冨田吉樹

DVD購入や上映についてのお問い合わせはこちらから