一人ひとりの小さな“冒険”が
やがて世界を変えていく・・・

メインストリームのメディアでは取り上げられにくい課題を、 マスメディアとはまったく異なる視点と手法で、 大胆かつユニークに映像制作を行うプロダクションです。

Play video

NEWS

映画『さようならUR』の主人公、高幡台団地73号棟・住民の会ホームページの復刻版公開!

2013年当時、立ち退き裁判をたたかっていた「高幡台団地73号棟に住み続けたい住民の会」。その後、高裁での和解⇒住民の立ち退き⇒住民の会解散に伴い、住民の会ホームページも消滅していましたが、この度、復刻版となって公開されました!(⇒こちらをご覧ください)復刻版では、地裁以降の年表追加、73号棟解体時の写真、跡地利用を話し合う「高幡台団地地区・地区まちづくり協議会」のニュースレターなど、貴重な資料が多数追加されました。URは現在も「ストック再生」(団地削減)方針を掲げていますので、同様の問題は、現在もこれからも、全国各地で起こるかと思います。高幡台団地の住民、市民、支援者、専門家のたたかいが、同じ問題に直面する方々の何らかの参考になればと思います。

BLOG

シビル「3分間映像ワークショップ」、折り返し地点を過ぎて思うこと

9月30日より、毎週水曜日・全8回の日程で映像ワークショップが始まりました(詳細についてはこちら)。先日、第4回までを終えたので、ここまでで感じたことを書きたいと思います。   ...もっと見る

プチ・アドベンチャー・フィルムズとは

メインストリームのメディアでは取り上げられにくいテーマを、マスメディアとは全く異なる視点と手法で、大胆かつユニークに映像制作を行うプロダクションです。このホームページでは、主に、インディペンデントのドキュメンタリー監督、早川由美子の作品紹介と上映情報などについてご紹介します。