乙女ハウス

全国で増える空家と、家がない若者。
「乙女ハウス」は、住宅・貧困問題に
一石を投じることが出来るのか?!


ドキュメンタリー / 日本 / 2013年 / 43分

監督・撮影・編集
早川由美子
イラスト提供
高田ナッツ
写真提供
榊原裕美、Ushinox

あらすじ

横浜市郊外に佇む、淡いグリーンの一軒家。今から約30年前に、当時独身・会社員だった千野紀美子さんが、ローンを組んで建てた住宅。

親の介護のため、自宅を空き家にせざるを得なくなったとき、千野さんはこの家を「乙女ハウス」にしようと思いついた。空き家にすると、火災の心配がある。住んでいなくても、固定資産税はかかる。頑張れば家を持てた世代に、重くのしかかる「空き家」問題。

一方、低賃金・不安定な雇用で、高い家賃に苦しむ若者たち。一日のほとんどの時間を、家賃と生活費のためだけに働く日々。これでは貯金も出来ず、先の見通しも立てられない。

もし、家賃が月1万円程度なら、もっと自由な生き方が出来る。自分の時間と能力を、生活のためだけに差し出さなくてもいい…。

「乙女ハウス」は、空き家を住宅に困る女性たちに提供し、固定資産税分を月1万円の家賃として払う、ユニークな仕組みの家。この試みは、現代日本の住宅・貧困問題の解決に一石を投じるのか? オーナーの千野さんと住民に取材した、「乙女ハウス」始まりと終わりの記録。

フォトギャラリー

制作クレジット(敬称略)

  • 主な登場人物

    千野紀美子
    栗田隆子
    友成育子
    高田ナッツ
    榊原裕美

  • 監督・撮影・編集

    早川由美子

  • 写真提供

    榊原裕美
    Ushinox

  • イラスト提供

    高田ナッツ

  • ジャケットデザイン

    冨田吉樹

  • 英語字幕

    太田エマ

映画祭上映履歴

国内

  • 中篇映画祭(2014年・大阪)
  • 住まいの貧困映画祭(2014年・東京)
  • 女性映像フェア in 横浜(2013年・横浜)

関連情報(敬称略)

高田ナッツ
イラストレーター、フェルト・アーティスト。この映画にイラストを提供して頂きました。